英語が全く話せなかった自分が話せるようになるためにガチでやったこと

2019年7月20日

3年前私は全く英語が話せませんでした。

初めて海外旅行に行ったとき、空港の税関やレストランのスタッフの人(非ネイティブ)から英語で質問されても何を言っているのか全く理解出来ませんでした。

相手のジェスチャーで何とか意味は理解したものの、今度はそれに対する返答が全く出来ません。

 

そんな英語が全く話せなかった自分ですが、今では仕事で日常的に英語を使えるようになりました。

英語での電話、会議はもちろんのこと、英語で顧客のアテンドや接待まで出来るようになりました。

 

私もそうでしたが、英語が話せない人からすると、英語をペラペラと話すことってとても難しく見えますよね。

しかし、所詮英語なんて言葉なので、誰でも話せます。

これは、全く英語が出来なかった私が身をもって証明します。

 

今回は「英語が全く話せない」とお悩みの方に、どうやれば英語を話せるようなるのかを実体験を基にご紹介します。

英語が話せるようになるためにやったこと

文法の復習

まずは簡単に文法の復習をします。

本当に簡単で良いです。

中学、高校、あるいは大学受験で多くの方は英語文法を学習しているはずです。

それをさらっとおさらいします。

 

これが英語を話す上での基礎になります。

文法という確かなインプットがあると、今後の英語学習で得られるものに大きな差がつきます。

 

ただ文法は英語を学習していくうちに自然に覚えてくるものなので、最初から完璧にマスターする必要はありません。

あくまで簡単に”復習”するのがポイントです。

単語の"暗記"は最小限で良い

「単語は?」と思われる方がいるかと思いますが、単語帳などを買って暗記する必要はありません。

勉強していく間に必然的に単語を覚えてきますし、覚えるべき単語に出会います。

 

あえて時間を作って単語を暗記する必要はありません。

自然に覚えていきます。

必要な単語は自ずと勉強するようになります。

 

とにかくアウトプット!

文法の復習が終われば、あとはとにかくアウトプット!

拍子抜けかもしれませんが、英語が話せるようになる方法はアウトプットだけです。

 

文法や単語を覚え、英文を読んでいるだけでは決して英語を話せるようになりません。

たくさん英語を"話す"必要があります。

 

私が実践し且つ効果があったもアウトプットを4つご紹介します。

瞬間英作文

瞬間英作文とは、文字通り「日本語を瞬時に英語に訳す」ことです。

この瞬間英作文を繰り返し繰り返し行うことで、自分の言いたいことを瞬時に英語で話せる瞬発力が鍛えられます。

 

瞬間英作文の参考書は数多く出版されています。

お金をかけず、且つ大量にアウトプットが出来るためおすすめです。

 

英語で一人言

瞬間英作文に似ていますが、英語で独り言もおすすめです。

瞬間英作文は日本語を"見て"、英語に訳しますが、独り言は頭の中に浮かんだことを英語で口にします。

より実際の英会話に近いシチュエーションを作り出すことが出来ます。

 

簡単な例で言うと、「暑い」と感じれば、"Hot"とつぶやく。

もしくは仕事前にYoutubeを見ている時に「まだ見ていたいけど仕事にいかなきゃ」という時に、

"I wanna keep videos on youtube more but running out of time. I have to go to work"

などとつぶやくのです。

 

頭の中で思い浮かんだことを英語で話す訓練になります。

思ったこと、感じたことを瞬時に英語で話せるようになるので非常に効果的です。

オンライン英会話

英語が話せるようになるには、より質の高いアウトプットが必要です。

 

質が高いとは双方向的つまりフィードバックがあるということです。

ひたすら自由気ままに英語を話し続けても「間違った、あるいは不自然な英語」になってしまいます。

独り善がりな英語を話さないよう、誰かに自分の英語を修正してもらう必要があります。

それにはオンライン英会話レッスンが最適です。

 

不自然なWord Choiceや誤った発音をすると講師が指摘してくれます。

またネイティブがどのように話しているのかを間近に聞けるため、それを模倣して表現力を磨き上げることが出来ます。

 

瞬間英作文や独り言だけでは、こうした修正は出来ません。

英語が話せるようになるためには絶対に必要なプロセスです。

オンラインレッスンは格安で毎日ネイティブから英語のレッスンを受けることが出来ます。

ぜひ試してみてください。

 

英会話教室

少し割高ですが、英会話教室に通うこともおすすめです。

基本的にはオンライン英会話レッスンと同じです。

しかし、フィードバックの質が非常に高いのです。

 

オンライン英会話の講師は、大半が素人です。

ただ英語が話せるだけの人が講師をしているので、正直フィードバックの質はそこまで高くはありません。

 

実際の英会話教室は、面接などを経て一定の質が担保されています。

本当に細かいところまで、自分の英語を指摘してくれるので助かります。

 

オンライン英会話の講師は、「意味が通じれば良い」という考えの方が大半ですが、英会話教室の講師は、「より自然な英語を話す」ということに重きを置いています。

文法的には間違っていないがこう話したほうが良い、あるいはこういったシーンではこう話すとより自然、ということを教えてくれます。

 

「とりあえず伝われば良いという英語」から「より自然な英語」へ脱却するために、非常に効率的な方法です。

 

まとめ

英語を話せない、という方はとにかくアウトプットしてみてください。

英語は慣れの部分が大きいので、アウトプットすればするほど上達していきます。

  

地道にアウトプットすることは、時に面倒で辛いことかもしれません。

そのため英語が話せるようになるためにはそうした地道な努力を続けるための強烈なモチベーションが必要です。

 

英語が話せるようになりたいと思う人は既になんらかのモチベーションがあるはずです。

海外で働きたい、留学したい、仕事で必要、外国人と話すのが楽しいなど。

 

そうした気持ちを大事にしてください。

英語の練習が辛くなった時はそうした英語を勉強する動機を思い出してください。

 

英語を学ぶモチベーションを育んで大きすることで、それが英語の勉強を継続する原動力になります。

 

アウトプットを続けて英語が話せるようになりましょう!!

-英語

Copyright© 底辺から脱出する方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.