ベルリッツのマンツーマン無料体験レッスンを受けてみたのでレビュー

2020年3月8日

英会話教室のベルリッツでは、無料体験レッスンを提供しています。

無料とあって体験レッスンに興味がある方も多いと思いますが、下記のような悩みや不安もあるかと思います。

「レッスンに申し込んでみたいけど不安、、、」

「どんな風に体験レッスンが進むのか知りたい」

こんな不安を解消すべく、この記事では実際に私が東京大手町校にて無料体験レッスンを受けてきた時の様子をレビューしますので、みなさんの参考になれば幸いです。

ー  無料体験レッスンを申し込む ー

 

ベルリッツとは?

ベルリッツは、約140年と長い歴史があり、70ヵ国以上550以上の拠点がある世界的規模を誇る英会話教室です。

その特徴は下記のとおりです。

  • 授業は「マンツーマン」か「2~3人の少人数クラス
  • 短期間で英語力を引き上げるノウハウがある
  • 確実に英語力を上げる独自の手法が確立されている
  • ビジネス英語に特化している

マンツーマンレッスンの無料体験レビュー

では早速ベルリッツの無料体験レッスンの様子をレビューしていきます。

無料体験レッスンの流れ

体験レッスンを申し込んでから、体験レッスンを終了した後まで、実際の私の体験について詳しくご説明します。

レッスンを受けるまで

まずはベルリッツの公式サイトで希望日時を第3候補まで選択します。

土日はやはり混んで予約が取りづらいですが、1〜2週間後の日程を設定すれば問題なく取れます。

ネットで申し込んだあとしばらくすると、電話がかかってきて日程確定の連絡がありました。

その後メールでも体験レッスンの日程が送られてきたので、備忘録にもなり安心です。

レッスン当日

いよいよレッスン当日です。

指定されていた時間に到着し、受付で自分の名前と体験レッスンを受けに来た旨告げると、直ぐに教室(個室)に案内されました。

受付の方はもちろん日本人なので日本語でOKです。

カウンセリングとアンケート

個室に入りしばらくするとカウンセラーの方が入ってきます。

無料体験レッスンはまずカウンセラーとの面談から始まります。

カウンセラーの方から、無料体験レッスンに申し込んだ理由など簡単な質問があります。

カウンセラーとの簡単な質疑応答が終わった後は、タブレットで英語を勉強する目的や現在の勉強習慣などのアンケートに答えます。

アンケートに答えている間はカウンセラーが退席しますので、じっくり回答することができました。

タブレットで回答し終えた後、カウンセラーが再度登場します。

タブレット上で答えた内容に対し、深掘りするためさらに質問に答えていきます。

「特に苦手とする分野は?」「普段どういうシチュエーションで英語を使うか?」などという質問があり、自分のレベル・環境にあった授業を組み立ててくれるのが印象的でした

「どういった目的で勉強するのか?」「どのように勉強すると良いか?」をカウンセリングで明確にした後、いよいよ無料体験レッスンが始まります。

体験レッスンの前にカウンセラーから進め方のレクチャーがありました。

まず自分の英語力をネイティブに測ってもらうための「語学力の診断」があり、それが終わった後に実際にベルリッツが提供するレッスンを体験することが出来ます。

「語学力の診断」では、必ずフルセンテンスで話すように言われます。

ベルリッツでは「正しく話す」ことに力を入れており、日本人にありがちなノリで話すということを許しません。

正しく話すスキルがあるかを見極めるため、フルセンテンスで話す必要があるようです。

体験レッスン

カウンセラーが退室した後、しばらくするとネイティブの講師が入ってきます。

アメリカ人だけあってかテンションが高く若干戸惑いました笑

"Hi, nice to meet you."と適当に相手に合わせればOKです。

先生からも今回の体験レッスンの流れを簡単に説明を受けます。丁寧にゆっくり話してくれているようで、かなり聞き取りやすかったです。

まず語学力の診断を行うのですが、「一問一答」と「写真描写」「昨日の行動の説明」を行いました。

語学力の診断

「一問一答」が結構きつかったです。

"What did you eat for breakfast?" "When did you leave the house?" など簡単な質問をひたすら受けるのですが、必ずセンテンスで返す必要があります。

"Rice"とか"Miso soup"などの単語ではなく、"I ate miso soup this morning"とセンテンスで答えないといけません。

時制を気にしなくてはいけませんし、講師の質問を的確に聞き取れないとセンテンスでは答えられません。

また文で答えようとすると、文章を組み立てるのにかなり時間がかかってしまうことがわかり、自分の英語力の無さを痛感します。

「写真描写」「昨日の行動の説明」も同様に、センテンスで答えます。ここではとにかく出来るだけ多くの情報を出すようにと言われます。

語彙力が特に問われていると感じました。

「語学力の診断」が終わるとようやく本当の体験レッスンが始まります。語学力の診断は大体10分ほどで終わります。

テキストを使ったレッスン

実際のベルリッツの授業で使われているテキストを使ってレッスンを行いました。

カウンセリングや講師との面談で「実際どういった場面で英語を使うか」と聞かれ「電話応対」と答えていたため、「電話でミーティングの設定を行う」場面をロールプレイングしました。

進め方は、各場面で使用頻度の高いキーフレーズをロールプレイングを通して習得する、というものです。

キーフレーズは一つだけではなく、色々な表現方法を教えてくれるため表現の幅が広がると感じました。

レッスン中は講師がホワイトボードを使い、私が話した英語の文法上の誤りやもっと自然な言い方を指摘してくれます。

とにかく生徒にいっぱい話させようとするため、授業の時間の内8〜9割は私が話していました。

レッスンが終わった後

体験レッスン終了後は再度カウンセラーとの面談です。

自分の現在の英語レベルの確認や体験レッスンのフィードバックです。

自分の得意分野や今後伸ばしていくべき分野を教えてくれました。

最後に簡単にベルリッツの料金体系やレッスンの時間割などを教えてくれました。

強引な勧誘は一切ありませんでした。

他の英会話教室では体験レッスン後しつこく電話がかかってくるところが多いのですが、ベルリッツでは一切電話がかかってきません。

メールが1週間おきくらいに来る程度です。そのメールに返信しなくても催促の電話がかかってくることもありません。

実際私はメールがきてることに気付かず、全て無視してしまったのですが電話がかかってきたことはありませんでした。

この点は気軽に無料体験レッスンを受けられる素晴らしい点ですね。

ベルリッツの良かったこと

体験レッスンを受けてみて感じたベルリッツの良いところを簡単にご紹介します。

ミス細かく指摘してくれる

一番印象に残ったのは、ワードチョイスや文法の間違いを細かく指摘し訂正してくれる点です。

オンライン英会話や他の英会話教室では「意味が通じればOK」というスタンスのところが多いですが、ベルリッツでは「正しい英語を話す」ことを重視しています。

これまでこんなに指摘を受けたことがなかったため気づきませんでしたが、自分が如何に間違った英語を話していたのかを痛感する非常に良い機会となりました。

完全個室で落ち着いて話せる

ベルリッツのレッスンは完全な個室で行われます。

周りに人がいない環境でレッスンを受けることが出来るため非常に安心です。

周りの人の声が聞こえてきたり、あるいは自分の英語が周りの人に聞かれたりという心配がありません。

落ち着いてリラックスして話すことが出来るため、自分の本来の実力を出せるため有り難かったです。

勧誘がない

何気に嬉しかったのが、しつこい勧誘がなかったことです。

体験レッスンが終わった後、カウンセラーから入会を進められることもありませんでしたし、電話がかかってくることもありませんでした。

しつこい勧誘がないため、非常に安心して無料体験レッスンに申し込むことが出来ます。

ベルリッツのいまいちなところ

逆にいまいちと感じた点についてご説明します。

講師を選べない

ベルリッツでは「色々な人間の英語に慣れてほしい」という方針から、原則講師に関してリクエストすることができません。

自分のお気に入りの講師を指定したりすることができません。ただ、どうしてもこの講師は嫌という場合は要望を聞いてくれそうでした。

メモを取る時間があまりない

体験レッスンでもそうだったのですが、ベルリッツではホワイトボードを多用します。

これは英語を細かく指摘してくれるためでもあるのですが、逆にメモを急いで取らなくてはいけなくなります。

最後に写真を撮れば良いのですが、あとから参照するときはやはりノートにまとめた方が見やすいという方は二度手間になってしまいます。

まとめ

実際に体験レッスンを受けてみて、ベルリッツに通えばかなり英語力は上がるのだろうなと感じました。

ベルリッツに興味がある方は一度体験レッスンに申し込まれることを強くオススメします。

体験レッスンを受けるだけでも自分の英語力を客観的に把握することができ、今後の英語勉強の良い参考になります。

しつこい勧誘もありませんし、気軽に受けてみてはいかがでしょうか。

 

ー 無料体験レッスンを申し込む ー

 

-英語

Copyright© 底辺から脱出する方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.