英会話教室の効果は?実際に50時間レッスンを受けたのでレビューする

2019年5月28日

英語が出来るようになりたいと考える方は誰しも一度は英会話教室に通うことを検討されるのではないでしょうか。

ただ英会話教室は正直値段が高く簡単に通えるものではないので、本当に効果があるのか気になるところですよね。

実際にGABAマンツーマン英会話で75回のレッスン(=50時間)を受けた私が、その効果と英会話教室の効果的な利用法をご紹介いたします。

英会話教室に通って英語力がどれほど伸びたか

下記の通り、英会話教室に通う前と通った後の英語力を比較しました。

英会話教室に通う前

  • TOEIC850点
  • 決まり切った文句などは臆せず話せるが、具体的な理由や状況を説明するのは難しい

英会話教室に通った後

  • TOEIC915点
  • 込み入った話題や複雑な事象についても、平易な言葉に噛み砕けば難なく説明出来る

結論は、「英会話教室に通って、英語力が上達した」です。

TOEICの点数向上はもちろんですが、英会話教室に通って特に上達したのは「表現力」です。

理由は二つあります。

一つはネイティブ講師が自分が話した英語を都度細かく指摘してくれるためです。

ある程度英語を勉強した人にありがちなのが、文法上は間違いではないが不自然な英語を話すというものです。

英会話教室では、こうした不自然な英語を都度直してくれます。

例えば、「昨日髪を切った」を"I cut my hair"と言ったところ、「そういう時は、"I got a haircut"と言うんだよ」と適切な英語に訂正してくれました。

もう一つの理由は、シチュエーション別に学習するためです。

ビジネス英語であれば、「電話応対」「打ち合わせ」「プレゼンテーション」「接待」などシーン別にテキストが構成されており、それに沿って授業が進みます。

そのシーンごとに使える定型表現から気の利いた表現まで、実際にロールプレイングを通して幅広い表現力を身につけることができます。

こうした目的別にロールプレイングを通した英語学習は、実際の仕事ですごく活きます。

具体的なシチュエーションで演習出来るため、実際に仕事でそうした場面が訪れると、英会話教室で学んだ表現が口からスラスラ出るようになります。

こうした表現力の上達はTOEICなどの点数ではなかなか目に見えませんが、英会話教室を通じてかなり上達します。

英会話教室だけの学習は効果が薄い

英会話教室は確かに語学力向上に効果があるのですが、それだけでは不十分です。

英会話教室に通えば、自動的に英語が話せるようになるわけではありません。

英語を話せるようになるためには、とにかくアウトプットしまくることが重要です。

英会話教室はアウトプットの場ですが、週1〜2回のレッスンだけでは圧倒的にアウトプットの量が不足しています。

あくまで英会話教室は英語学習のサブという位置づけで、並行して自分で英語学習をする必要があります。

日頃からインプットしたものを英会話教室でアウトップする、あるいは英会話教室でインプットした表現を他のアウトプットの場で使ってみる、などの工夫が必要です。

英会話教室を120%使い倒す効果的な勉強法

どうせ高いお金を払って英会話教室に通うのだから、英語が話せるようになりたいですよね。

そのために実体験を基に、効果的な英会話教室の利用法をご紹介いたします。

他にアウトプットの場を設ける

前述のとおり、英会話教室だけの学習では圧倒的にインプットが不足します。

そのために、英会話教室以外でアウトプットの場を設けることです。

おすすめは「オンライン英会話」と「瞬間英作文」です。

「オンライン英会話」は、毎日30分で月5~6千円と圧倒的な高コスパで、英語でコミュニケーションを取る機会を提供してくれます。

>>>「オンライン英会話」の体験レビューはこちら

「瞬間英作文」は、対人コミュニケーションではありませんが、擬似的に英語を話す状況を作り出してくれるメソッドです。

自宅で圧倒的な量のアウトプットが可能となります。

>>>「瞬間英作文」の体験レビューはこちら

こうした英会話教室以外のアウトプットの場は、英会話教室で学んだ表現を使える場ともなりますし、逆にオンライン英会話で学んだ表現を英会話教室で使ってみるなど、相互補完的に活用することができます。

予習、復習を欠かさず

学習の基本ですが、英会話教室に通うなら予習、復習をしっかりしましょう。

テキストの予習をしていないと、問題文を読むのに時間がかかってしまい、アウトプットの時間が少なくなってしまいます。

予習をしていれば、事前にどういう表現を重点的に学ぶのか、あるいはどういう表現に疎いのか、を事前に知ることが出来ます。

そのため、授業にメリハリがつき効果的に勉強することができます。

また、英会話教室はアウトプットだけではなくインプットの場でもあります。

先生に指摘された表現や新たに学んだ表現、言いたかったことがうまく言えなかった表現など、様々な学びがあります。

こうした学びを放っておくとすぐに忘れてしまうため、せっかくの学びが無駄になってしまいます。

授業で得た学びや気づきを無駄にしないよう必ず復習をしましょう

無理にサービスを利用しなくて良い

大手英会話教室であれば、専用のアプリやポータルサイトを設けております。

そうしたサービスを通じて予習や復習ができますし、サブ教材として英語のニュース記事を掲載している教室もあります。

英語学習を補助してくる良いサービスなのですが、無理に利用しなくて良いです。

ビジネスマンであれば忙しい合間をぬって勉強しなくてはなりません。

教室に通うだけでもかなり負担が増大するのに、こうした独自サービスにまで手をつけてしまうと、他の英語学習が疎かになってしまいます。

自分にあった勉強やもっと効率の良い教材があるため、手を広げすぎて、そちらに費やす時間を潰さないようにしましょう。

まとめ

英会話教室は確かに語学向上に効果があります。

直接先生から英語を学べる機会は非常に有用で、英会話教室ならではのメリットがあります。

しかし、教室に通うだけではそうしたメリットを潰してしまい、あまり英語が話せるようにはなりません。

英会話教室を最大限活用し、語学力を向上させるためには、「他にアウトプットの場を設ける」「予習復習を徹底する」ことが非常に重要です。

使い方を間違えなければ、英会話教室は非常に強力なツールとなりますので、自身を持ってオススメできます。

是非みなさん無料体験レッスンなど試してみてください。

>>>GABA英会話教室の体験談はこちら

-英語

Copyright© 底辺から脱出する方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.