仕事術

20代の内にやっておいて絶対に損しないおすすめ自己投資5選【自分への投資】

「今のうちに何か将来のためにしないと、、、!」

このような焦燥感を持つ20代の方は多いのではないでしょうか。

「20代に何をしてきたか」がその後の人生を大きく左右します。

20代に良質なアウトプットを重ねた人が30代・40代・50代でその果実を得ることが出来るのです。

この記事では、「20代のうちにやっておいて絶対に損しない自己投資」をご紹介します。

20代から自己投資すべき理由

何歳になっても自分への投資は重要ですが、20代では特に重要です。

体力も知力も時間もある20代の方が、より効果的に自己投資できるためです。

年を取ってから自分を高め続けるために努力するのは想像以上に大変です。

体力もやる気も落ちてますし、家族を持つようになると自分のために使える時間は激減します。

若い内にスキルを磨いておくと、そのスキルを活かして成果を出し、更にキャリアアップできる好循環を生み出せます。

貯金や資産運用も重要ですが、それよりも自分へ投資して、将来より稼げる人材になる方がよっぽど利回りが大きいです。

 

自分への投資おすすめ5選

自分の将来の価値を高めるために最も効果的な自己投資をランキング形式でご紹介します。

 

1位:英語

20代のうちに絶対やっておくべきことは英語の勉強です。

少子高齢化と人口減少が進む日本は、外需への依存度が一層高まります。

従って英語の重要度は益々増すばかりか、もはや最低限のスキルと言っても過言ではありません。

英語が話せない人は世界からどんどん取り残されます。

逆に英語が話せる人は活躍できるチャンスに恵まれ、年収も高くなるでしょう。

下記図のとおり英語力と年収には強い相関があります。

doda「平均年収/生涯賃金データ」より作成

年収を上げるための一番コスパの高い自己投資が「英語学習」なのです。

TOEIC700点に届かない英語初学者の方はまずTOEICの勉強から始めましょう。

TOEICの勉強をすることで文法や単語、リスニングなど英語を体系的に学ぶことができるためです。

TOEICの勉強は「スタディサプリ」がオススメです。

スキマ時間を活用してインプットとアウトプットを繰り返すことができるため知識が確実に定着します。

社会人のスキマ時間は1日平均1時間10分もあると言われてますからね。

このスキマ時間を有効活用しTOEIC点数アップを目指しましょう。

\7日間の無料体験に申し込む/

スタディサプリ公式サイト

無料体験中に解約すれば費用は発生しません

 

TOEIC700点以上の英語中上級者の方は、英語を"使える"ようにしましょう。

TOEIC700点以上の方は「読み書きは得意だが、英語が全然話せない」という方が多いと思います。

学生時代の海外留学なら日常会話がメインなのでノリで何とかなったかもしれません。

しかし、”ノリ”はビジネスでは全く通用しません。

言いたいことが不自由なく口からスラスラでるようになるまで勉強を続けるべきです。

中上級者にオススメの英語勉強方法は「オンライン英会話」です。

低価格でとにかくアウトプットできるため、ある程度基礎がある方が取り組むと一気に英語が伸びます。

またオンライン英会話は副次的に、追随的にTOEICの勉強にもなります。

中上級者の方にとっては「今更TOEICの勉強なんて」と思われますが、オンライン英会話なら実践的な英会話力も身につくし、TOEICの勉強にもなるし最適です。

TOEIC900点あると外資系企業への転職や海外勤務など更にチャンスが広がるので是非取り組みましょう。

おすすめのオンライン英会話を下記記事にまとめていますので参考にどうぞ。

「おすすめオンライン英会話ランキング」

おすすめオンライン英会話ランキング【初心者/ビジネス向け】

手頃な価格で英会話レッスンを受けることができるオンライン英会話は英語学習に最早なくてはならない存在になっています。 しかし、いざオンライン英会話に申し込んでみようと色々調べてみても、あまりにも数が多す ...

続きを見る

 

2位:読書

みなさん本読んでますか?まさか漫画ばかり読んでませんよね?

絶対に本を読む習慣をつけましょう

仕事に関係する本を読めば、専門性がより深まり成果を出しやすくなります。

本業と全く関係のない分野の本でも教養が深まるのはもちろんのこと、意外に本業転用できたりするので有用です。

更に読書は「ストレス低減に効果がある」という研究結果もあるほどです。

これほど効果があるのに、読書しないのは本当に損です。

読書量と年収にも強い相関があります

『家計調査結果』(総務省統計局)より作成

ただ若いうちは特に忙しく、読書する暇も元気もないことが多いでしょう。

良いとは分かっていてもなかなか出来ないのが読書です。

そんな時は「Flier(フライヤー)」というサービスをオススメします。

Flier(フライヤー)は本の要約が読めるサービスです。

要約にはその本のエッセンスが詰められて、限られた時間で重要な情報をインプットすることが出来ます。

特にハウツー本や自己啓発本の90%は同じことを言っているだけなので要約だけ読めば十分です。

要約だけ読めばいいので1冊10分で読むことが出来ます。

要約を読んでみて「面白い」と感じた本だけ購入できるので無駄な時間もお金も費やす必要はありません。

>>>Flier(フライヤー)公式サイトで詳細を確認する

 

3位 運動

学生の頃は運動していたが社会人になって全く運動しなくなったという方は多いでしょう。

運動にはすごい効果があります。運動しないと本当に人生損してますよ。

EUで一番人気のフィットネスアプリを提供しているFreeleticsという会社がOnepollという米英の調査会社と共同調査したところ「運動習慣と年収に高い相関関係がある」ことを発見しました。

According to the study, those who make exercise a regular habit tend to earn about $25,000 more per year than those who do not exercise regularly. Similarly, people who favor high-intensity workouts, such as interval training sessions, net an extra $13,000 a year on average, according to the data.
(調査によると「運動習慣がある人は、そうでない人と比べ年収が約280万円高い」ことが分かった。同様に「高強度の運動を好む人は更に平均で年収が約140万円高い」ことが分かった)
PR Newswireより引用

運動には有酸素運動と無酸素運動があります。

有酸素運動は長時間継続可能な中軽度の負荷の運動です。「ランキング」が代表的ですね。

無酸素運動は強度の高い運動で、簡単に言うと「筋トレ」です。

それぞれ違った効果があります。

ランニングの効果

・集中力アップ

・ストレス耐性アップ

・ボジティブ思考になる

筋トレの効果

・自信がつく

・見た目が良くなる

一番いいのはどちらもやることですが、時間がないのであれば有酸素運動をオススメします。

効果が体感しやすい、且つパフォーマンスの向上にダイレクトに影響する。

筋トレは見た目に明らかに変化を感じれる(他人から見て)ようなるまでに半年間かかりますからね。

勉強や運動を習慣にしよう!習慣化のコツ4つ

「今年は受験があるから勉強しないと」 「新年度になったから何か資格をとろう」 「令和になったから何か新しい目標を立てよう」 こんな思いで、勉強や運動など何か新しい目標に向かって、新しいことを始めてみた ...

続きを見る

4位 人脈

人脈と言っても異業種交流会に言って名刺を配りまくる必要はありません。

交友関係の拡大については来る人拒まずのスタンスでこちらから無理に広げる必要はありません。

むしろ知り合いと飯や飲みに言って関係が切れないようメンテナンスすることにそれなりの時間と労力を使ってほしいです。

内向的な人はやたらとスキルアップにリソースを注ぎがちですが、スキルアップの時間を削ってでも交友関係の維持や休眠状態の交友関係の掘り起こしに力を入れた方が良い場合があります。

そうした”人脈”から仕事のタネやチャンスが降ってくることはそれほど多くはないかもしれませんが、当たれば大きく人生を変える可能性を秘めています。

スキルアップで人生が大きく変わることはそうそうありません。

人脈の構築は、地道なスキルアップよりむしろ期待値が高い行動でもあると言えます。

 

5位 プログラミング

最後にオススメしたいのがプログラミングです。

ITの重要性が高まり続けているのは言うまでもないでしょう。

近年あらゆる産業でITを駆使して新たなビジネスモデルが展開されています。

いわゆるDX(デジタルトランスフォーメーション)と呼ばれるITを活用してビジネスに変革を起こすという流れはどんどん加速していきます。

非IT企業に勤めているから「ITは関係ない」と甘く見ていると痛い目に合いますよ。

若手の頃はともかく、みなさんが部長・経営層クラスになると、ITが経営戦略の根幹を成すほどITへの依存度は高くなっているはずです。

むしろITに明るくなければそれを十分に活用できず成果も出せなくなるため、部長・経営層への出世が難しくなることが予想されます。

プログラミングが少しでも出来るのであれば「ITで出来ることは何か」「逆にITで出来ないことは何か」ということが肌感覚で掴めるため、より現実的で建設的な意見や提案ができるのです。

またITに明るければ今後IT関連の社内横断的なプロジェクトなどにアサインされる可能性も高くなりチャンスが広がります。

とは言っても業務に全く関係のないとプログラミングの勉強をするのはやる気が湧くものではないでしょう。

そんな方にオススメするのが「エクセルVBA」です

「エクセルVBA」は端的に言うと、みなさんが日々使っているエクセルを自動操作するためのプログラミング言語です。

「エクセルVBA」を学べば日々のエクセルなどのOfficeソフト業務を自動化でき、大幅な生産性向上が可能なので勉強のモチベーションも十分です。

エクセルVABは「プログラミングの勉強」と「日々の業務の効率化」という一石二鳥なので非常にオススメです。

人気記事エクセルVBAで出来ることは?営業マンが実際に作った事例を紹介
人気記事非エンジニアの文系(事務職)がエクセルVBAを覚えるメリットがすごい

 

20代におすすめの自己投資まとめ

以下のとおり、20代にオススメする自己投資を紹介してきました。

1位:英語

2位:読書

3位:運動

4位:人脈

5位:プログラミング

「何をやればいいか分からない」「将来のために何かしたい」とお考えの方は今回ご紹介した方法を是非試してみてください。

自分の人生を大きく左右すると考え、20代のうちに自己投資するようにしましょう!

-仕事術

Copyright© 底辺から脱出する方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.