マクロVBAを習得するためにはどのくらいの勉強時間が必要?最短の勉強法を紹介

2019年8月17日

常に仕事の効率化を考えている方々の中にはVBAに興味を持つ方も多いことでしょう。

VBAは業務効率化、生産性向上に非常に有効なツールです。

習得すれば、自分の仕事のレベルが格段と上がることは間違いありません。

 

しかし、VBAを習得するためには、どのくらい勉強すれば良いのか不安になりますよね。

 

日々忙しい毎日を過ごされているビジネスパーソンは、常に取捨選択しないといけません。

語学など他にも勉強することあるし、家族との時間も確保しなければなりません。

 

一通りVBAが出来るようになるまでに相当の時間を費やさなければいけないとなると、尻込みしてしまいますよね。

そこでこの記事では、プログラミング未経験の非エンジニア文系職の私が「VBA習得まで何時間かかったか」をご紹介するとともに、「最短でVBAを習得する勉強方法」をご紹介します。

VBAを習得するまでの勉強時間

結論から言います。

私は40時間で一通りVBAを使えるレベルになりました。

 

長いと思いますか?短いと思いますか?私はかなり短いと思います。

 

1日1時間の勉強で2ヶ月もかからずに習得出来ます。

私はVBA以外にプログラミングの経験はない全くの初心者です。

それでもこれほどの短期間で身につけることが出来るのです。

 

VBAは一度習得すれば一生使えるスキルです。

どんな会社どんな職種で働いたとしてもエクセルを使わない仕事はないでしょう。

エクセルを使うほぼ全ての仕事で業務効率化、時間短縮が出来るのですから、40時間という投資なんて直ぐに回収できます。

 

実際に作ったもの

「じゃあ40時間でどのくらいのレベルになるの?」と疑問に思われる方も多いと思います。

抽象的に言うと脱初心者レベルです。

「自分でネットで検索しながらであれば自分の作りたいものがなんとか作れる、自力でバグを見つけ修正することが出来る」レベルです。

 

実際に私が作ったものを下記記事にまとめています。

参考記事>>>「マクロVBAでできることは?

マクロVBAでできることは?営業マンが実際に作成した業務改善例を紹介

続きを見る

「脱初心者」であっても日々の業務の殆どを自動化することができます。

こうした自動化のスキルをたった40時間の勉強で習得できるのですから凄いと思いませんか?

 

非エンジニアであればこのくらいのレベルで十分武器になるのです。

私たちは本業のエンジニアではないのですから、「人に教える」「誰かのために作る」必要はないのです。

自分のためにVBAを使えるレベルにするだけで良いのでたったの40時間で習得が可能なのです。

 

どうやって勉強したか。最短のVBA勉強方法

では実際にどうやって「40時間」でVBAを習得したのかご説明します。

勉強方法は下記のとおり非常にシンプルです。

  1. 参考書を読む
  2. 参考書どおりに再現する
  3. 自分の業務で試してみる

ステップごとに詳しくご説明します。

参考書を読む(+参考書どおりに再現する)

とにかくまずはじめに参考書を読みましょう。

参考書は下記2冊が絶対オススメです。

created by Rinker
講談社
¥1,078 (2020/09/27 21:33:27時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの参考書は「自動で請求書を作る」というプログラムを実際に作る過程をとおして、VBAの基礎を習得していく構成になっています。

本来2番目のステップである「参考書どおりに再現する」という作業を同時にこなせるので、一番効率良く学べる参考書と言えます。

実践をとおして基礎を学ぶので、退屈しませんし、何より自分が学んでいることが実際にエクセルでどのように動作するのかを理解しながら学べますので記憶への定着率が高いです。

こちらの2冊を読んで、本の通りにプログラミングすれば、VBAの基礎が身につきます。

 

自分の業務で試してみる

次は、この2冊で学んだことを実際の業務に適用出来ないかチャレンジします。

普段エクセルを使うシーンを思い浮かべ、VBAで自動化できる工程がないか考えてみましょう。

この2冊を読んだ後であれば、大抵の工程は調べながらであれば自分の力で自動化できるはずです。

基礎が既に身についているので、分からないことがあればネットや参考書で調べて、それを自力で理解する力があるためです。

参考書は下記がオススメです。基礎から応用まで網羅的に扱っていますので辞書的に利用するのに最適です。

短期間でVBAを習得するコツはとにかく手を動かすことです。

そうすることによってスキルが血肉化するので、ますます知識が定着、レベルアップしていきます。

ご紹介した「参考書を読む→参考書どおりに再現する→自分の業務で試してみる」という方法であれば、誰でも短期間でVBAを習得することが可能です。

 

まとめ:まずは40時間VBAの勉強を始めよう!

VBAは想像以上に短期間で習得出来るので、是非みなさんも挑戦してみてください。

 

VBAの勉強は仕事中にも出来る」のがなんといっても強みです!

エクセルという業務に直接関係することですし、そもそもエクセルを開いているので誰もVBAの勉強をしていると気付きません。

これが英語など他のスキルを習得するのと違って、効率的に短時間で習得出来るのです。

 

私は40時間の勉強時間の半分は会社の業務時間中の時間でした。

 

プライベートの時間を削る必要が少ないので、非常にコスパの良いスキルアップ方法です。

こんな短時間の投資で一生の何十、何百時間を短縮できるのですから、絶対におすすめです!

是非みなさん試してみてください!

人気記事20代のうちにやっておいて絶対に損しない自己投資5選

関連記事
非エンジニアの文系(事務職)がエクセルVBAを覚えるメリットがすごい

続きを見る

 

-仕事術

Copyright© 底辺から脱出する方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.