フィリピン(セブ島)3ヶ月の短期語学留学の効果が凄い

2019年4月12日

皆さんはフィリピン語学留学に興味はありますか?

 

欧米諸国への留学に比べ圧倒的なコストパフォーマンスで、英語漬けの生活を送れるので非常に有意義です。

 

私も実際に3ヶ月フィリピンに語学留学に行った経験があり、そのときの経験が非常に有意義でしたので、皆さんにその体験談をシェアしたいと思います。

 

フィリピン留学に興味がある方は、何かしらの目的があるのだと思います。

 

「語学力をあげたい、、、」

「英会話が出来るようになりたい、、、」

「TOEICの点数をあげたい、、、」

「ワーキングホリデーに行きたい、、、」

などなど。

 

フィリピン語学留学はそうした夢、目標を叶えるのに非常に効果的な手段です。

 

私は、「英会話が出来るようになりたい」「TOEICの点数をあげたい」という目的で留学に望み、実際にこれら目的を達成することができました。

留学に行く前、TOEICの点数は510点でしたが、3ヶ月の留学後Toeicの点数は750点まで上昇しました。

 

またフィリピン留学に行って英語が好きになり、帰国後も英語の勉強を自主的に続けるようになりました。

結果、今ではTOEIC900点越え、仕事でもバリバリ英語を使うようになりました。

 

英会話についても、全く英語が話せない、聞けないという状態でしたが、留学後はかなりスラスラと英語を話せる状態まで上達することができました。

フィリピン留学は、英語力向上にかなり効果がありますので、是非皆さんにもおすすめします。

 

フィリピン(セブ島)語学留学の特徴

「フィリピン留学って正直どうなの?」と思われる方のために、簡単にフィリピン語学留学の特徴をご説明いたします。

 

安い、コスパが良い

とにかく安い。コレに尽きます。

航空券、宿泊代、食事、授業料全て含めて一ヶ月でなんと25万円です!!!

欧米だと50~80万円ほどかかるので、そのコスパの良さがわかるかと思います。

 

授業の大半がマンツーマンレッスン

フィリピン語学留学は授業の大半がマンツーマンレッスンです。

こちらも嬉しい特徴です。

 

日本人はスピーキングを特に苦手な人が多いと思うのですが、その人たちにとって必要なのはとにかく話す場です。

マンツーマンレッスンだと、常に話している必要がありますので、スピーキングの上達が凄く早いです。

欧米の語学学校はグループレッスンが中心なので、圧倒的なアウトップ量の差があります。

 

また英語が苦手な方は人前だと恥ずかしくて発言を尻込みしやすくなりますが、一対一の授業であればそんな心配はありません。

 

スパルタ(詰め込み)教育

スパルタというと聞こえが悪いですが、要は1日みっしり授業が入っていますよ、ということです。

 

朝8時から夕方17時までぎっしり授業が詰まっており、更にスパルタの学校では食事後に「強制自習」なるものが存在します。

 

英語の勉強は正直辛い部分もありますので、このように強制的に英語を勉強する環境を与えてくれるのは、キツい反面、語学力上達には非常に有効です。

 

フィリピン(セブ島)での3ヶ月短期留学の効果は?

実際に私がフィリピンへ3ヶ月の語学留学に行って、どういった効果があったのかをご紹介します。

 

英語を話す度胸がつく

一番大きかったのが、「英語を話す度胸がつく」です。

 

日本人は完璧主義だからなのか、文法や発音が間違っていないか気になってしまい、「英語を話すのが恥ずかしい」「自信がない」と感じる方が多いと思います。

恥ずかしがって実際に英語を話さないので、ますますアウトプットできず、語学力が向上しない悪循環になります。

 

前述のとおり、フィリピン留学の特徴は、「マンツーマンで且つ授業数が多い」ことです。

 

そのため、ひたすら英語を話さなければならないというアウトプットの連続です。

 

私はフィリピン留学の初日、食事が出なかったため、近くのジョリビー(フィリピンで有名なハンバーガー屋)で食べることにしたのですが、英語に自信がなかったため、注文するまで20分かかりました。

 

そしていざ注文するときも、何も話せないためメニューを指差すだけ、相手が言っていることが全くわからなかったため、ひたすら「Yes,Yes」と返答し続けた結果、頼んでもないサイドメニューが付いてきました。

 

それが3ヶ月経った後は、何も怖がることなく、堂々と自信を持って注文出来るようになりました。

 

それだけでなく、英語のディスカッションなどでも先生から振られる前に自分から率先して発言できるようになりました。

 

臆せず英語を話せるようになると、それだけアウトプットする機会が増えます。

アウトプットする機会が増えるのでますます英語が話せるようになるという良い循環が出来ます。

 

実際に語学力も上がる

英語を話す度胸、姿勢ももちろんですが、実際に語学力も上がります。

 

TOEICの点数は3ヶ月で510点から750点まで上がりました。

英語漬けの毎日ですので、常に英語が耳から流れてきますので、リスニングが特に上達しました。

 

スピーキングについても上達が顕著で、ひたすらアウトップを重ねる毎日ですので、会話のレスポンスも早くなり、話す内容も短文で終わらず、ある程度長い文章が話せるようになってきます。

 

こちらは「マンツーマン且つスパルタ教育」という圧倒的な量のアウトップの場を提供してくれるフィリピン留学ならではの効果です。

 

まとめ

「短期間で一気に英語力を上昇させたい」という方にはフィリピン留学が是非お勧めです。

 

学生の方であれば、長期休み中にサクッと行ってこれますし、就活のネタにもなります。

社会人の方でも、転職の際に1ヶ月だけ留学してみるなども良いと思います。

 

実際に私がフィリピン留学中も、会社を辞めてステップアップのために英語を勉強したい、次の会社で英語力が問われるため勉強したい、という方を数多く見かけました。

 

学生の方も社会人の方も、語学力を短期間で上げたい、という方は是非検討してみてください。

 

-英語

Copyright© 底辺から脱出する方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.